家族葬の流れと葬儀をする場所

家族葬とは、家族のみで行う小さなお葬式なので、しきたりや宗教なども気にせずに自由に行う事が可能です。
ではどのような流れで行われるのか、仏式の流れを例に紹介します。

家族葬の流れについて

故人が亡くなると、病院から自宅や葬儀の式場まで葬儀業者の専用の寝台車で運搬します。
運搬後は故人を安置し、枕飾りを設置します。
そして葬儀内容の打ち合わせを行い、時間が決まれば家族や親せきに連絡を入れます。

その後納棺を行い、お通夜が行われます。
お通夜の内容は、読経、お焼香をし、喪主が謝辞を述べて、清め料理や飲み物で会葬者をおもてなしします。

翌日、葬儀と告別式が行われ、故人と最後のお別れを行い、出棺され霊柩車で故人を火葬場へ運搬します。
火葬場から帰宅した後に、後飾り、祭壇に遺骨、位牌、遺影をご安置します。
そして初七日の準備を行うのが、一般的な流れとなります。
家族葬でも、一般的なお葬式でも葬儀の流れは基本的にあまり変わりませんが、人数が少ない分家族葬の方が短時間で終わります。

家族葬を行う場所は

家族葬を行う場所では難しいという場合、葬儀専用の式場を利用する事になります。
家族葬の場合は、人数が少ないため、家族葬専用の小規模な式場があるところを選びましょう。

小さく葬儀を行いたいときは家族葬でお見送りをしましょう。家族葬ベーシンク|葬儀・お葬式なら「花葬儀」
[家族葬]で検索!

墓じまいの事前準備

近年では核家族化や少子化の影響を受けて、墓じまいという言葉が良く聞かれるようになりました。霊園を引越して自分の住まいの近隣にお墓を引越す改葬とは違い、墓じまいとは完全にお墓の管理をする事が出来なくなったと言うお墓を処分する事をいいます。

墓じまいとは

墓じまいをするには様々な事情があると思いますが、その際にはどのような手続きや手順が必要になるのでしょうか。

墓じまいの事前準備

墓じまいは、お墓を処分すると言う事は前述した通りですが、単純に墓石を解体したり、廃棄すれば良いと言うものでは無く、お墓に埋蔵されている遺骨の行方も関係してくるために、遺骨まで処分すると言う訳にはいかなくなります。遺骨をどうするのかを親族や親せきで良く話し合いをする必要が出てきます。

先祖の血縁者からは、墓じまいをする事に快く応じられないと思う人もいることでしょうし、時間を掛けてでもしっかりと話し合う必要があると思います。親族や親せきの間で墓じまいについて合意に達したら、今度は霊園に相談しなければなりません。

霊園の経営母体が寺院である場合には寺院に相談するようになります。いくら親族や親せきの間で話しが合意に達していても、墓じまいの計画をしている段階から相談するのが一般的で、これまでお世話になってきた霊園との関係悪化を防止する為にも事前の相談が必要になります。

いきなりの申し出に良い気分をする人はいないでしょうから、礼儀を欠いた振る舞いだけは避けるようにする事が大切になります。墓じまいをする時にはいくつか考えておかなければならない事があります。その代表的な事として、遺骨をどうするのかと言う事が挙げられます。

お墓を処分すれば、そのお墓に埋蔵されている遺骨を改葬するか、その他の施設に預けるか、どうするかは承継者の自由になるのですが、遺骨の行き先にはどのようなものがあるのでしょうか。大きく分けて、遺骨の行き先には、改葬するか、霊園等に良くある永代供養墓に合葬するか、海へ散骨するかの三つに分けられます。

改善するには?

墓じまいの事前準備

改葬するには、新しい墓地が必要となりますので、費用もかかりますし、それなりの供養も必要になってきます。永代供養墓を利用する際には、改葬するよりは割安な費用で済むものの、それに納得出来るかどうかは話しあってみなければわからない事も想像出来ます。

海への散骨を希望する場合には、散骨を専門に取り扱う業者に依頼する事が一般的で、遺骨を砕いて粉末状にして貰わなければなりません。それこそ海への散骨を希望する場合には、二度と遺骨と対面する事が出来なくなる為、その判断は慎重に行う事が必要になります。

このように遺骨の行き先には大きく分けて三つありますが、どのケースの場合もそれぞれに特徴があり、どの方法を選ぶかは、慎重に話し合う事が必要になります。特に海への散骨の場合は、本当の意味で、遺骨も処分する事になりますので、先祖代々のお墓を墓じまいする時等は、より一層の親族や親せきの同意を得る必要があると思います。

Wgat's New

http://www.yasiro.co.jp/ http://shukatsu.nifty.com/haka/

アーカイブ

カテゴリー

ページ上に戻る