樹木葬で植えられる樹木の種類とは

樹木葬を取り入れる霊園が日本全国各地で増えてきている事に合わせて、様々な疑問や問い合わせも増えてきていると言われています。

樹木の種類

通常の霊園に比べて一区画の面積が狭くなったり、その後の承継者が不要である事から、新しい感覚の墓地としての価値を見出す方も多いのですが、その分疑問に思う事も増えてきているようです。
通常霊園では、骨壷に遺骨を入れて納骨を行う事が一般的ですが、樹木葬の場合は、遺骨は基本的には骨壷から取りだして直接土に埋める事が多いようです。
また、樹木葬墓地の利用規約によっては、土に還る事が出来る素材の骨壷であれば使用する事が出来る場合もあるそうです。
また、樹木葬の最大の特徴である植える樹木についてですが、基本的には好きな樹木を植える事が出来ると言われていますが、実際の所は、樹木葬墓地によりその種類は決められていたり、ある程度指定された樹木から選ぶシステムであったりする事が多いようです。
中には桜なら桜、もみじならもみじと樹木の種類を限定している所もあり、植える樹木を限定する事により桜葬、もみじ葬等と言う名称を付ける樹木葬墓地も出てきているそうです。

まとめ

自分で樹木の持ち込みが出来る樹木葬墓地では、土地柄によって樹木の育ち方が違ったり、その土地の気候に合うか合わないかなどの問題があるので、事前に管理者や専門家に相談する事が良いと言われています。
折角植えても根付かない場合もありますので、この点には注意が必要になります。

関連する記事

http://www.yasiro.co.jp/ http://shukatsu.nifty.com/haka/

アーカイブ

カテゴリー

ページ上に戻る