樹木葬が注目を集めるようになった理由とは

通常、霊園にお墓を建てて埋葬する事が一般的ですが、近年では樹木葬が注目されるようになってきました。
樹木葬とは墓石の代わりに樹木を植え、霊園と同じように一区画の中で埋葬する仕組みです。
ではなぜ、樹木葬が注目されるようになってきたのでしょうか。

樹木葬が注目されるわけとは?

樹木葬が従来のお墓を大きく違う点としては、前述した通り、墓石を必要としない点や、承継者不要で購入する事が出来る点にあります。
日本ではお墓は、承継者が居ることが大前提ですが、時代の変化により独身者の増加や、離婚率が高まった事、子供の居ない夫婦等が増えてきて、承継者が不在な事が多くなってきています。
こうした方々にとって、承継者不要のお墓は、購入する事が出来るので、注目を浴びるようになったと言われています。
また、承継者が居る方でも、自分の亡き後に家族に迷惑を掛けたくないと言う思いから樹木葬を選ぶ事も多く、費用の面でも購入しやすい価格である事等も影響して、関心が高まるようになったと言われています。
更に、代々のお墓があるとしても、その家の墓に入るのに抵抗があると言う方も増えており、樹木葬と言うある意味では自由度の高い埋葬方法に人気が出てきていると言われています。

まとめ

植える樹木を自分で選ぶ事も出来ますし、樹木が好きな方が好んで樹木葬を選ぶと言う傾向もあるそうで、年々、日本全国の霊園等でも、取り扱う所が増えてきているそうです。
まだまだその数は少ないものの、今後の日本で環境にも優しい墓地として注目を集める存在となることでしょう。

関連する記事

http://www.yasiro.co.jp/ http://shukatsu.nifty.com/haka/

アーカイブ

カテゴリー

ページ上に戻る