樹木葬とはどのようなものか

霊園と言えばお墓を建てて遺骨を埋葬し、墓石があるのが一般的ですが、近年では、墓石の代わりに樹木や花を植える樹木葬という埋葬スタイルが出てきているそうです。
樹木葬の歴史はまだまだ浅く、取り扱っている霊園も少ないそうですが、具体的には樹木葬とはどのようなものなのでしょうか。

樹木葬とは

樹木葬は地域住民の了承と行政の許可を取り、樹木葬墓地として開発されたのが始まりで、散骨に良くにた性質を持っているのが特徴的ですが、散骨とは違い、墓地埋葬法に定められ、お墓として認められた場所に遺骨を埋葬する事が必要となります。
管理やシステムとしては通常の霊園のように、決められた区画に対して使用料と管理費を支払う事になっているそうです。
霊園のように使用料と管理費を支払うシステムと言う事で気になるのはその費用ではないでしょうか。
相場としては一人三十万円から五十万円程度だと言われています。
管理費は高くても年間二万円以内程度で、場所によっては数年分を一括で支払う事も出来るそうです。
霊園で墓石代は別途必要になるように、樹木の購入費は使用料と管理費の他に別途必要になります。

まとめ

ですが墓石を購入する事に比べると割安で、自分の好きなまたは、故人の好きな樹木を植える事が出来るので、費用の面や気持ちの問題としては、墓石よりも自由度があるかと思います。
費用の面だけを見ると、割安で埋葬する事が出来るので、樹木葬を生前から希望する人も増えてきているそうです。

関連する記事

http://www.yasiro.co.jp/ http://shukatsu.nifty.com/haka/

アーカイブ

カテゴリー

ページ上に戻る